【編成資料】キハ85 ワイドビューひだの編成(岐阜駅の乗車位置案内より)

こんにちは!

前回までKATOのキハ85を使って様々なワイドビューひだの編成を再現してきました。今回は岐阜駅に掲示された編成案内を紹介したいと思います。実際に編成を組む参考なればと思います。

模型で再現した各編成は下記よりどうぞ

・富山発着編成

・大阪発着編成

・飛騨古川発着編成

・高山発着編成

この表は岐阜駅の高山線ホーム(3・4番線)で掲示されているものです。なお、駅への問い合わせなどはご遠慮ください。

表の見方

数字が奇数・・・ドア位置が右側

数字が偶数・・・ドア位置が左側

←大垣方面 高山・富山方面→

※いずれもこの表に対しての向きです。この案内看板を見て後ろ側(背後)に「ひだ」が発着する4番線があります。

2019/3/1(金)

特徴的な列車としては、

・ひだ1号は5・6号車が増結され、6号車はグリーン車のキロ85です。本来はグリーン車なしのモノクラス編成です。

・ひだ3号は富山編成、高山編成ともに1両ずつ増結されています。

・ひだ5号・25号は大阪編成に1両、飛騨古川編成に2両増結された10両フル編成です。

・ひだ9号は5・6号車が増結され6両となっています。

・ひだ11号は高山編成の5号車に1両増結されています。

・ひだ19号は5号車が1両増結されています。

2019/3/2(土)

先ほどの翌日のパターンです。

・ひだ1号は5~7号車が増結されています。特に7号車はキロ85のグリーン車が連結されてるというかなり特殊な編成です。本来は1~4号車までのモノクラス編成です。

・ひだ3号の富山編成に1両増結されています。また高山編成も1両増結されています。

・ひだ5・25号は大阪編成に1両、飛騨古川編成に2両が増結され10両フル編成となっています。

・ひだ9号は5・6号車の2両が増結されて6両になっています。

・ひだ11・13号は高山編成に1両増結されています。(富山編成は3両のまま増結なし)

・ひだ19号は5号車が1両増結されています。この列車はグリーン車なしのモノクラス編成です。

2022/3/11(金)

全体的に閑散期といった感じでしょうか。どの列車も増結が無い感じがするのですが・・・実はいろいろと特殊なことになっています。

・ひだ3号車の2号車が本来、普通車・指定席のところ、キロハ84の半室グリーン車が連結されています。

・ひだ15号が5~8号車が増結され、8両編成になっています。しかも6号車にはキロハが連結されています。5~8号車は両端が貫通側が連結されている飛騨古川編成なのでしょうか?かなり特殊パターンとなっています。

・ひだ19号は本来モノクラス編成ですが、キロハ84が連結され、グリーン車ありのパターンになっています。

実は翌日の2022/3/12がダイヤ改正日であり、その際に名古屋発着列車のすべてにグリーン車が連結される内容がありました。その影響でこのようなパターンになったと思われます。

2023/3/1(水)撮影

HC85系がデビューした後の編成パターンです。

この頃からでしょうか、臨時列車の枠も運転日以外にも設けているようになっていました。

・大阪ひだの送り込みは7号から9号に変わっています。9号は高山までなのでグリーン車を連結する関係で、飛騨古川編成のような4両が連結されています。(5~8号車)

・ひだ11号は高山編成に1両増結されています。

・ひだ19号も1両増結されています。

2023/3/15(水)に撮影

キハ85系が完全に置き換えられる直前の日です。11号と19号に1両増結されているだけです。

引退前に特別に増結しているという様子は無かったです。

いかがだったでしょうか。ここまででいろんな編成を見てきました。是非お気に入りの編成を組んで模型でいつまでもキハ85を活躍させてあげてくださいね。

岐阜駅での発着の様子をまとめていますのでご覧ください。

実車・模型のキハ85系に動きがあればまた記事か動画にしたいと思います。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA