【検証】PZ9296のトイレタンクを取り付ける ~583系編~

こんにちは!

前回に引き続き、PZ9296の検証を行います。今回は世界初の電車型寝台特急である583系に取り付けてみます。

↑ボディを取り外し、配管付きTNカプラーを取り付けたところ

所有している583系「きたぐに」はSP(スプリング)化される前のTNカプラーのもので結構前の製品になります。TNカプラー自体は互換があるので特に問題なく交換できます。アップグレードにはいいですね。

↑連結面のアップ(乗降ドア側)

583系は1ドアかつドアが妻面に近いのでステップのパーツを取り付けるのに最適なのでは?と思いましたが、乗降ドア側はそもそもパーツが入る隙間がありません。

↑連結面のアップ

どういう事かと言うと、本来トイレタンクが取り付けられる部分にはカプラーと床下パーツの間に挿入できる隙間があるのですが、乗降ドア側にはその隙間がないので、PZ9296のステップパーツは取り付けられない、という事です。残念!

↑配管付きTNカプラーを取り付けた様子

トイレタンクを取り付けました。583系はRを使用します。

車端部の床下がごちゃごちゃして重量感が出ましたね。ではちょっと連結して見てみましょう。

↑配管付きTNカプラーとトイレタンクを取り付けて連結したところ

かっこいいですね!よく考えてみると、583系も455/475系などと同じように乗降ドア部分は下に伸びていますから、ステップパーツを付けても隠れてしまうので微妙かもしれませんね。

次回も他の形式に取り付けてみたいと思います。お楽しみに!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[鉄道模型]トミックス (Nゲージ) 98809 JR 583系電車(きたぐに)基本セット(6両)
価格:19698円(税込、送料別) (2023/3/4時点)

楽天で購入

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA